アセクリ 口コミ

 

 

最近、様々な投資情報を盛んに目にする機会が増えてきました。老後2000万円問題が騒がれて以降、若い人を中心に老後に向けた準備の大事さが浸透しつつあります。ただ、多くの人が『何かを始めたい!』と考えてはいるけど、同時に『何から始めたらいいか分からない・・・』という状況のようです。

 

そんな投資初心者向けに2019年10月に不動産会社大手の「株式会社プレミアムバリューバンク」が手掛ける「ASSECLI(アセクリ)」という不動産投資型クラウドファンディングサービスが、情報公開および会員登録募集を開始しました。

 

今回はアセクリ(ASSECLI)について「投資を考えてるんだけど、実際どうなの?」という人のために口コミを集めました。

 

ぜひ、あなたの投資目標と照らし合わせ、将来の自分が実際にどうなるかを想像しながら読んでみてください。

 

 

 

アセクリ(ASSECLI)の口コミ

 

アセクリ(ASSECLI)の口コミまとめ【不動産投資クラウドファンド】

 

某SNSでの口コミは概ね好評価です。サービスを開始したばかりということもありますが悪い情報もきっちり情報発信されているので、しっかりとした会社だと分かりますね。

 

それでは良い口コミも悪い口コミもしっかりとご紹介します!

 

ASSECLI(アセクリ)がファンドを公開しました!

 

第1号ファンドの募集は12/9から、利回り8%でインパクトあります。

 

プレミアムバリューバンク企業サイト(https://t.co/jQHxIc59WY)

 

利回り8.0%・1口1万円、不動産投資型クラウドファンディング「アセクリ」ASSECLI 世田谷区 (1棟MS)ファンド1号募集!

 

https://t.co/RZ7h9G3pjY

 

#アセクリ
#assecli
#プレミアムバリューバンク
#ソーシャルレンディング
#クラウドファンディング

 

ASSECLI(アセクリ)第1号案件、募集中止に!

 

物件売却が予定より早まり、運用期間が1ヶ月足らずになる可能性が出てきたためだそうです。

 

デビュー案件でコケるとは、なかなかですなぁ。ま、事前にわかったので不幸中の幸いでしょうか。

 

仕切り直しの2号案件に期待。

 

https://t.co/8uFAUhltb4

 

さらにくわしい情報は公式HPに!↓

 

不動産特化型クラウドファンディング【ASSECLI】

 

 

アセクリ(ASSECLI)を手掛けるプレミアムバリューバンクってどんな会社?

 

 

 

社名 株式会社プレミアムバリューバンク
本社所在地 〒107-0061 東京都港区北青山3-6-7 パラシオタワー4階
代表取締役会長 藤本 保雅
代表取締役社長 北野 孝
資本金 1億円
主な事業内容

不動産小口化事業
収益不動産の買取・販売・仲介事業
収益不動産のバリューアップ事業
不動産デベロップメント事業
不動産コンサルティング事業
プロパティマネジメント事業
リノベーション事業
インベストメント事業

免許

不動産特定共同事業許可番号 : 東京都知事 第115号
不動産特定共同事業の種別 : 第1号・2号事業(電子取引業務を行う)
第二種金融商品取引業 : 関東財務局長(金商)第3061号
不動産投資顧問業 : 国土交通大臣(一般)001212号
宅地建物取引業 : 国土交通大臣(2)第8397号
賃貸住宅管理業者 : 国土交通大臣(1)第4504号
マンション管理業者 : 国土交通省(1)第034401号
プライバシーマーク : 認定番号17002775(01)

加入団体

一般社団法人 不動産テック協会
一般社団法人 日本投資顧問業協会
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
公益社団法人 全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会
公益社団法人 首都圏不動産公正取引協議会
日本住宅保証検査機構(JIO)

 

 

企業理念は

「不動産×金融×テクノロジー」
不動産の企画力と金融分野の専門性やネットワークに最新テクノロジーを加えて不動産にかかわるサービスをワンストップで皆様にご提供していきます。

引用元:https://p-v-b.com/

 

となっています。

 

お客様の資産や時間に対する考えをより深く理解し、多様化するニーズに応えられるように努力している会社のようです。

 

 

 

アセクリ(ASSECLI)のメリット4選

 

アセクリ(ASSECLI)の口コミまとめ【不動産投資クラウドファンド】

 

メリット@少額で始められる

通常、不動産投資は投資金額が大きくなる投資です。

 

最低でも数百万円の用意が必要であり、さらに多くの場合は借り入れ(借金)を背負うリスクが生じます。

 

それに比べ、1万円から始められるというのは貯金が少ない・借金はしたくないといった方々にとって最大のメリットです。

 

不動産投資の参入障壁になっていた投資金額の大きさというリスクを限定できるのは最大のメリットです。

 

 

メリットA高利回り(利回り4〜8%)

通常、株式投資・国債・投資信託など金融商品の配当利回りは高くても4%程度がほとんどです。

 

そういった投資商品と比べると、アクセリ(ASSECLI)は群を抜いた高利回りと言えます。

 

具体的に数字で比べてみます。同じ100万円を複利投資するとします。

 

そうすると、利回り4%と8%では10年後には約67万円の差、20年後には約246万円の差にもなります。

 

限られた投資金額で勝負する人こそ、高い利回りで運用するという条件は非常に大事ですね。

 

 

メリットB取引手数料と出金手数料が無料

こちらも株式投資・国債・投資信託などの金融商品と比べて魅力的なポイントです。投資をする場合、手数料といったポイントは意外に見落としがちです。

 

せっかく儲けた大事なお金から手数料が取られるのはバカになりませんよ。

 

 

メリットC優先劣後構造の採用

 

アセクリ(ASSECLI)の口コミまとめ【不動産投資クラウドファンド】

 

優先劣後構造というのは、不動産証券化商品の信用を補完する方法のことです。

 

具体的には、証券化商品を優先部分と劣後部分に分け、優先部分を保有する投資家は、劣後部分を保有するプレミアムバリューバンクよりも優先的に配当等を受け取る権利を持つ仕組みです。

 

つまり、賃料や不動産売却などで利益が出た場合は、予定分配率に至るまで優先的に分配金を受け取れ、万が一、予測どおりに収益が生じなかった場合は、劣後出資者であるプレミアムバリューバンクの出資分が先に減額となり、それを超えた分のみ優先出資者である投資家の減額になります。

 

物件毎に優先劣後割合は変わるとは思いますが、この方式の採用で投資家の元本の安全性を高められているので他社の不動産投資型クラウドファンドよりも優位性があります。

 

無料会員登録はこちらです↓

 

不動産特化型クラウドファンディング【ASSECLI】

 

 

アセクリ(ASSECLI)のデメリットはないの?

良いことばかり書いても投資判断できませんよね。

 

デメリットもしっかり書きますのでよく読んでみてください!

 

 

デメリット@元本割れの可能性

想定される元本割れになる状態は、「入居者が全く入らない」だったり「不動産価格の大幅下落」でしょうか。

 

この両方ともが、投資する商品(物件)を選択する際に目利きでカバーも可能です。なぜなら、あなたがその投資する商品(物件)に住みたいと思えるか?だったり、その商品(物件)がある地域は活気があるか?など下調べができるからです。

 

また、そもそも投資には損失はつきものです。

 

ほとんどの投資には元本割れの可能性がありますので、厳密にはデメリットに加えるべきではないかもしれません。

 

 

デメリットA会社そのものが倒産する可能性

デメリット@に近いですが、アセクリ(ASSECLI)自体を販売しているプレミアムバリューバンクが倒産する可能性は0ではありません

 

 

素直にあきらめましょう!w

 

ただ、これも株式投資と同じリスクなので特別視するほどのデメリット?とは言えないかもしれません。

 

 

デメリットB実績がまだない

上記で説明したように2019年10月に開始したばかりで、不動産投資型クラウドファンドとしての実績がまだありません。

 

そのため、投資判断をする材料が少ないのは正直デメリットです。

 

 

ただ、他社の不動産投資型クラウドファンドでは非常に人気ですぐに募集が終了する状況のようです。

 

恐らく、アセクリ(ASSECLI)も同様に人気になる可能性が高いかもしれません。

 

迷っている間に乗り遅れてチャンスを逃すということがないように注意が必要です。

 

 

投資は時間との勝負の場合に遭遇することが多々あります。

 

他の投資家と差をつけられないためにも無料会員登録だけしておいて、早く動けるような準備だけはしておいた方がいいかもしれません。

 

無料会員登録はこちらです↓

 

不動産特化型クラウドファンディング【ASSECLI】

更新履歴
トップへ戻る